壽屋

素材の風味を生かした自家製餡の和菓子の通販|壽屋|

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

フェイスブックアイコン
ブログアイコン
ブログアイコン
HOME»  御盆のお供え物

御盆の準備とご供養

お盆の準備
 関西では一般的に、八月十三日の「迎え盆」から十六日の「送り盆」までの四日間にお盆の行事を行います。お盆はご先祖や亡くなった人たちの霊が一年に一度家に戻ってくるといわれ、各家では七日又は十三日の朝には、まずお仏壇をきれいにし先祖の霊に供物を備える精霊棚を作ります。
 この精霊棚には、棚の奥中央に安置したお位牌の前に、胡瓜で作った馬と茄子で作った牛を飾り、香・花・灯明・浄水・盛物・果物・野菜・そうめん・餅・団子・故人の好きだった物を供えます。この馬と牛は先祖の霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、戻る時は牛に乗ってゆっくりと戻っていただこうという願いがこめられています。
ご先祖様のご供養
 精霊棚の準備がととのったら、お墓がある場合はお墓の掃除をすませて、夕方まで待つか、墓地に行かない場合は、自宅の門前で迎え火のおがらを焚いて、ご先祖の霊が家に戻ってくるために迷わぬよう道を明るくして迎えます。盆提灯や盆灯籠は、ご先祖の霊を家にお迎えする際の目安になるものですから、お盆期間中はずっと仏前に飾っておきます。
 ご先祖の霊が家に戻りましたら、一般的には、十四日、十五日の朝・昼・晩の三回、精霊棚に食事を供え、お水も忘れずにかえつづけ、線香と灯明もかかさず灯し、ご家庭で合掌礼拝し、ご先祖様と共に過します。おはぎなどの御供え物はおさがりとして仏様とご一緒にお召し上がり下さい。
 十五日夕方(地方によっては十六日)に送り火を焚き、ご先祖の霊をお送りします。
(新盆の迎え方)
 四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」といい、忌明けより前にお盆を迎えた時は、翌年が新盆となります。地域によっては通常のお盆より早く始まります(八月七日)。新盆のご供養は、特にていねいに行い、親族や故人と親しかった友人などをお招きし、お寺様に読経してもらい仏様のご供養の意味で参会者全員で食事をします。
※地方の習慣や宗派により異なります。
飾り棚のお祀りの一例
御盆御祀り
 
御盆の行事の由来お釈迦様の弟子の目蓮の故事に由来
 お盆は、正しくは「孟蘭盆会」といいます。梵語でウラバンナ(逆さづりにされたような苦しみ)といい、「孟蘭盆会」はその音が転じて、略してお盆というようになったといわれています。そもそもこの行事は、お釈迦さまのお弟子の目蓮尊者が、亡くなったお母様が餓鬼の世界で生まれ変わり苦しんでいるのを知り、なんとか救おうとその母に食物を与えるのですが救われず、お釈迦様のお導きで、多くの衆僧を招いてご供養の大布施行を捧げたところ、餓鬼の苦しみからのがれることができたという。その日が八月十五日であったという故事から、この期間に、ご先祖の霊をわが家に迎えてご供養を捧げ、また、仏様の浄土に送り返す「孟蘭盆会」の行事が行われるようになったといわれます。 

 

お供えに壽屋の盆菓子を

●8月7、13日:迎え火をして新霊・祖霊のお迎えに
御盆落雁 御盆お迎え団子

・落雁七色 

・お迎え団子(黄粉をまぶした丸いお団子)

8月14日:迎え入れた祖霊のご供養に
御盆あえ団子 御盆おはぎ

・あえだんご(こしあんあえたお団子)

 ・三色おはぎ 

●8月15・16日:夜に精霊送りの送り火をして祖霊の送り出しに
御盆白蒸しおこわ 御盆お迎え団子

・白蒸し(黒豆おこわ)祖霊がお帰りに携えるお弁当

・送り団子(片栗粉をまぶした丸いお団子)